ピアノハウスジャパン・Blog

ピアノハウスジャパンは、神奈川県座間市・大和市に渡ってピアノ修理工場・ショールーム・音楽教室を営む会社です。社員全員がピアノと音楽をこよなく愛するピアノ技術者。このブログはそんな弊社の社員たちによる、ときにはまじめな、ときには気ままな日記です。
ああ鉛の重さよ。。。

JUGEMテーマ:音楽

 

こんにちは〜〜えりつぃんですキイロイトリVer.2

 

最近グランドピアノの鍵盤タッチ調整で鉛を入れる作業が続けてありましたので

ご紹介しますねゆう★

 

本日の写真は修理中Steinwayで一昨日タッチ調整しましたが、先月末はヤマハのG5のタッチ調整を承りました。

ヤマハのご依頼主のジャズミュージシャンのお客様は

「タッチをとにかく重くしたい!」というご要望でした。

もともとたいへん軽い鍵盤でしたが、一般の方には「ちょっと重いかな〜??」

 

というくらいかなり重めをご希望でした。

 

鍵盤は1鍵1鍵それぞれ重さが違いますのでひとつずつ分銅で量りながら、

どの位置に何グラムの鉛を入れるべきか慎重に決めていきます。

ダウンウェイト(下がるときの重さ)と共にリフトウェイト(持ちあがるときの重さ)も

確認します。

 

現在はご満足頂き弾いていただいているそうで、良かったです〜うさこ

 

 

こちらのSteinwayは今回オーバーホールを承り、ハンマ―やウィペンなど

おおよそ全てのパーツを純正の新しい物に交換しましたので、タッチ調整も必要不可欠となりますポイント

 

 

もともと昔どちらかで手を入れてあるピアノで、複数回(少なくとも2回)の

鉛調整した跡がありました。

こうなってくると「ここがベストポジションでしょ!!」 

と思われる近くにすで鉛があってドリルでの穴あけが難しかったりして、、涙

 

 

すでに入っている鉛を違う重さのものと交換したり、避けないといけなかったりで

通常より作業は複雑化涙

いろいろと考慮&工夫して作業を進めました。

 

 

 

しかしさすがピアノ技術者界の生き字引笑、弊社のしゃちょくま

 

 

 

長年の経験と知識、そして冴えわたる感で鉛は重くタッチは軽く〜〜♪きらきら

素晴らしい弾き心地になりましたピアノ

 

えりつぃんもしゃちょと丁寧に作業にあたりましたょきらきら

 

来週はとうとうご依頼主様が出来上がりをチェックにいらっしゃる予定です。

Steinway本来の美しく力強い響きが蘇りましたので、どきどきの再会ですね矢印

楽しみですニコッ

 

ではまたゆう★

 

 

 

 

| スズキピアノサービスセンター | 19:31 | - | - |
おお〜っ!

こんにちは。はたけです歯

 

珍しいこともあるものです。連続でブログをアップするなんて口笛笑

 

 

というのもどうしてもみなさんにお見せ(自慢?!)したいものがありまして。

 

 

 

 

 

今月(2017年5月号)の月刊ピアノ。

 

こちらの”ピアノの歴史”というコーナーに古いザイラーのピアノが紹介されています!

 

 

 

 

 

ページの半分もザイラーが!

 

もちろんこちらのピアノはうちにあるものではありませんが・・・嬉しいことです〜リラックマ

 

 

 

そしてそして

 

 

 

 

 

我がしゃちょの名前がぁ〜まーく

 

ふふふ。

 

 

このようなことを機会にザイラーに限らず、たくさんの方にピアノという楽器に興味を持ってもらえると嬉しいですピアノウサギ

 

 

 

 

 

 

| - | 16:49 | - | - |
千本桜+ピアノ=

こんにちは。ご無沙汰しております。

はい。まだいます。はたけです歯

 

かわいい後輩も入り、毎日楽しく仕事頑張っています。

 

今年もやっと春らしくなりました菜の花

 

 

今日の調律場所はなんとステキなパン屋さんパン

 

 

 

 

明日フルートとピアノのコンサートで使用するそうです♪

(予約で先着15名のみのため今回はもう完売!)

 

 

とっても素敵なパン屋さんだったので少しご紹介リラックマ

 

 

パン工房みなみの風

場所は大和市福田6丁目11-6(福田の千本桜を見下ろせる最高のロケーション!)

営業日は毎週木・土の11時〜17時ですあんぱんまん

 

メニューもすてきおんぷ

 

 

 

次は営業日に行かねば!!

 

 

 

 

 

 

そして千本桜桜

 

 

 

 

 

今日は本当にいいお天気で気持ち良かったです晴れ

パン屋さんに車を置かせていただき(ありがとうございました!)

ひとりお花見しちゃいました〜

しゃちょ、ごめんなさ〜い汗

 

 

 

 

 

 

 

千本桜とピアノ・・・あのCM曲を思い出してしまいますね笑

 

帰りの車BGMはもちろん千本桜(まらしぃの)はーと

ちょっとオタク(?!)なはたけなのでしたウサギ

 

 

 

 

 

 

| - | 18:29 | - | - |
3月25日は?

こんにちは、ユウですネコ

 

突然ですが3月25日ってなんの日だと思いますか?

 

正解はドビュッシーの命日ですびっくりマーク

答えられた方は相当のドビュッシーファンだと思います。ふっ

 

 

ドビュッシーの音楽はすごく輪郭がぼやけた不思議な響きがする和音や、

民族音楽などの音階を取り入れた曲が醍醐味だと思うのですネコ

 

ドビュッシーはフランスの人なのですが、彼が27歳の時にパリ万国博覧会というものが開催されています木

 

そこで東洋音楽をはじめ、ヨーロッパ以外の国の文化に触れたことにより、

それまでの作曲家とは違う、西洋音楽の魅力だけではない音楽が生れたのかなぁと思ったり眠い眠い

 

 

ちなみに明日、3月26日はかの大作曲家、ベートーヴェン先生の命日だそうです。羽羽羽

 

 

 

| - | 11:13 | - | - |
修理中のピアノ

こんにちは、アスカですニコ

 

少し暖かい日が多くなってきましたね!花粉症の人は今が一番辛いと思いますが・・・泣くネコ

桜の開花予想日も段々近づいてきました。修了式や入学式の時に満開だと良いですね桜桜

 

今日は今工場の方で修理中のピアノをお見せします!

・・・と言っても、私が磨いたフロントピン、バランスピン、ダンパーの3ヶ所ですが・・・。

 

まずはフロントピンとバランスピンです。

このピン達は、鍵盤の下にいて普段は見えません。

 

 

 

黒ずんでいますね〜Docomo_kao3

これをピカールという磨くための液体を付けた布でせっせと磨いていきます!

磨いていると腕が疲れてきますが、ピカピカになると嬉しくなりますよDocomo_kao1

磨き終えたものがこちら!!

 

 

写真だとちょっと分かり難いかもしれませんが・・・。

金色に輝いていますきらきら

 

この調子でダンパーも磨きます!

右側2つが磨く前、左側2つが磨いた後です。

 

 

磨く前のダンパーは少し白っぽくなっていますね。

磨いてツヤツヤな黒色にしていきます。

ダンパーのワイヤーも磨きますよ〜頑張る

 

 

こちらも右側2つが磨く前、左側2つが磨いた後です。

白っぽかった物が銀色の輝きを取り戻しました!!

 

その他、アクションがスムーズに動くようにしたり、弦を張り替えたりしています。

弦は、はたけ先輩とえりつぃん先輩が張ってくださっています!大変そうです汗

その後、整調などを行ってから親元にお帰しします。

元気な姿でお帰し出来るよう、頑張ります力こぶ

| - | 16:04 | - | - |
コンサートを終えて・・・

こんにちは、アスカですニコ

 

今日は、先日行われたAnton Niculescu(アントン・ニクレスク)さんの

チェロコンサートの様子をお伝えします♪

 

3月8日(水)に座間子どもの家保育園で行われました。

こちらが会場です!!


 

広いですね〜

ピアノの左側にある椅子にアントンさんが座ります。

もちろんピアノの調律は我が社の社長ですき

 

コンサートはJ.S.バッハ-R.シューマンの組曲第3番から始まり、

フランス、ロシア、ルーマニアなどの作曲家の曲を次々と披露してくださいました。

アンコールはイタリアの作曲家、L.ボッケリーニのメヌエットとロンドでした。

私個人としては、C.ドゥミトゥレスクの農民の踊りと

C.サン・サーンスのアレグロ アパッシオナートが良かったなと思いました。

 

曲と曲の間には、ピアノ伴奏の菅野宏一郎さんから曲の説明などもありました。

そこで「音楽で世界旅行をしているようなプログラムですね」と仰っていました。

世界各国の作曲家の曲を聴き、本当に世界中を旅しているかのようでしたkyu

 

 

伸びやかな音、軽快な音、重く響く音・・・チェロの色々な音に出会えました。

弦を押さえる指は、時々速すぎて追い付けませんでした。超絶技巧・・・き

チェロとピアノのハーモニーに聞き惚れてしまいましたハート

素晴らしい演奏と面白いトークで、充実した約1時間30分のコンサートでした!!

 

アンコール前に保育園の方々が綺麗な花束を用意してくださいました花束

バラやユリ、ストック、キンギョソウ、カーネーションなど、

色とりどりでお二人もとても喜んでいました。

しかしアントンさんと菅野さんは、次の日すぐ飛行機に乗らなくてはならず、

お花は持って行けないとのこと・・・

 

・・・その花束は・・・なんと・・・

 

 

 

我が社の音楽教室にやってきました!!

お二人から頂いてしまって・・・ありがとうございましたテゴシマーク

はたけ先輩と私で飾ったので、音楽教室に立ち寄った際は是非ご覧ください。

生花なので早めにどうぞ〜

 

なかなか演奏を聴きに行く機会が取れないので、貴重な一日となりました。

コンサートなどの情報はブログでも紹介していくので、

お時間がありましたら是非足を運んでみてください。

| - | 13:42 | - | - |
展示ピアノのご紹介♪

こんにちは、アスカですニコ

日によって暖かかったり寒かったり・・・着る物に悩む今日この頃・・・

体調などにはお気を付けくださいお願い

 

今日は音楽教室に展示しているピアノを1台紹介しますアップライト

 

Kohler&Campbell(コーラー&キャンベル) KC-244F です。

 

 

サイズ:高さ 110cm  幅 149cm  奥行 56cm  3本ペダル

 

1896年にニューヨークで創業したアメリカ最古のピアノメーカーである

Kohler&Campbell(コーラー&キャンベル)のピアノです。

現在は韓国のサミック社にブランド譲渡されています。

艶消し塗装仕上げで、譜面台の装飾や美しい木目、曲線の脚などが特徴です。

楕円形を中心に左右対称のデザインを施すバロック様式に続く、植物の葉の様な曲線が特徴のロココ様式と、

ヨーロッパで流行した中国趣味の美術様式であるシノワズリを調和させたデザインです。

譜面台が楕円形と葉の様な曲線のデザインになっていますね!

 

下の写真は譜面台と鍵盤蓋を外した状態です☆

 

 

私はこの鍵盤蓋を外すのに苦戦しましたアセアセ

まだまだ修行が足りませんDosomo_kao9

 

もっと近づいて見せちゃいますよ〜

 

 

この様な内部となっております。たくさんの部品が並んでいますね!

ここから明るくて華やかな音色が響きます♪

 

ショールームに来たら是非ご覧くださいませちゅん

 

| - | 18:40 | - | - |
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
a
a
モバイル
qrcode
PROFILE