ピアノハウスジャパン・Blog

ピアノハウスジャパンは、神奈川県座間市・大和市に渡ってピアノ修理工場・ショールーム・音楽教室を営む会社です。社員全員がピアノと音楽をこよなく愛するピアノ技術者。このブログはそんな弊社の社員たちによる、ときにはまじめな、ときには気ままな日記です。
<< サックス サックス サックス サックス☆ | main | もう1ヶ月・・・ >>
最近の工場は?

こんにちは、アスカです!

もうすぐ9月ですが、まだまだ暑いですね(^0^;)

夕立が降ったりもしますが、湿度が上がるだけで全く涼しくなりません・・・。

工場では最近強力な換気扇をつけて作業する機会が多いので、部屋の温度が

急に上がります。冬は逆にかなり寒くなるんですけどね。

屋外で仕事をしている人に比べたら快適な環境で仕事しているはずなので、

暑さ寒さの耐性をもっとつけられたらなと思っています。

 

さて、またまたピアノ修理の写真を載せたいと思います!

今回は不具合が無ければ普段は行わない、駒ピンの交換です!

現在修理中のピアノの駒ピン(弦の下、ピアノの中央から下辺りに走っているかまぼこ形の

木材に刺さっている短い金属の棒)は、ペンチで挟んで引くと簡単に抜けてしまうくらい

緩い状態でした。

弦を引っかけてある部分なので力が常に掛かっているところです。緩いのは問題ですね。

なので今回は長い方の駒のピン全てと、短い駒のピンを3分の2くらい交換しました。

 

 

スポスポ抜けております(笑)

上の方に映っているのが抜いたピンですね。試しに1本だけ新しいピンを打ってみたら

ちょうど良かったので、元のピンを抜いていきました。

 

 

駒が穴だらけになりました・・・。

左上に用意したのが新しいピンです。色々な太さがあり、元のピンよりほんの少し

太いピンを選んで打ち込んでいきます。1本1本打っていきますよ〜

 

 

打ち込んでいる途中の写真です!

高さも揃えなければいけないので、打ち込みすぎに注意です!

低すぎると弦が引っかかり辛くなってしまうので、高すぎず、低すぎず・・・

 

全て打ち込んだら駒ピン交換終了です!

この後は、響板の割れ修理やニス塗装、フレーム合わせ等を行いました。

現在は弦も張り終わっています!

 

 

綺麗になりました〜☆

中のアクション関係もこれから進めていきます!

 

おまけですが、このピアノのペダルのビフォーアフターです!!

 

 

底板から外して片方だけ磨いたところです。

今回も金属バフで磨きましたが・・・なかなかに手強かったです(^^;)

 

いかがでしたか?

色々なピアノの修理が立て込んでいる状況ですが、待っているお客様のために

頑張って直していきたいと思います!

それでは〜(^^)ノシ

 

| - | 14:44 | - | - |
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
a
a
モバイル
qrcode
PROFILE