ピアノハウスジャパン・Blog

ピアノハウスジャパンは、神奈川県座間市・大和市に渡ってピアノ修理工場・ショールーム・音楽教室を営む会社です。社員全員がピアノと音楽をこよなく愛するピアノ技術者。このブログはそんな弊社の社員たちによる、ときにはまじめな、ときには気ままな日記です。
<< 最近は・・・? | main | 早くも6月に… >>
修理は続くよどこまでも♪

JUGEMテーマ:音楽

 

こんにちは! えりつぃんです!

緊急事態宣言の解除を受けて弊社の音楽教室・レンタルルームも6/2(火)より再開することと

いたしました。

スタッフも感染防止対策を万全にして取り組んでいきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、今日も元気に修理報告です。

昨日工場から出庫し納品できましたBösendorfer( ベーゼンドルファー)Model 225。

言わずと知れたウィーンの銘器ですね♪

 

 

昨年の台風19号の水害を受けて、遥々信州から神奈川のわが社に修理に来ていました。

信州といえば、えりつぃんと同郷(^^) なんだか親近感わきますね♪

運送屋さんのトラックに揺られて(あまり揺れないといいけど笑)

緑の中を気持ちよく帰っていったのね〜〜〜

と、今年のGWは帰省できなかったえりつぃんは遠い目で故郷に思いをはせたのでした(笑)

今回の新型コロナの影響で今までの何気ない日常がいかにありがたく貴重だったか。

早く皆が安心して暮らせる世の中に戻りますように。。。

 

さて、こちらのベーゼン様は中高音の弦張替え、ハンマー全交換、象牙鍵盤の漂白クリーニング、

鍵盤ブッシングクロスの貼り替え、整調、鍵盤の重さ鉛調整、、、

などなど部分修理とはいえ、ひと通りの修理をさせていただきました。

更に良い響きになって、喜んで弾いていただけると嬉しいです♪

 

 

セミコンサートタイプのモデルで、最低音に4鍵拡張されて92鍵あります。

より重厚な響きと表現力を発揮します! 

 

思えば今年に入ってグランドピアノの修理が立て続けにありましたね〜

自社商品ヤマハC3とG3(売約済み)、依頼修理カワイKG−5C、ヤマハC5、G5、そして上記のベーゼンドルファー。

書き出すと、そんなにやったんだと思います。

オーバーホール続きで、そんなに忙しさを感じずに作業が進むようになってきたのかもしれません。

そして今は自社商品のヤマハC3に取り掛かっています。

 

 

塗装も綺麗に仕上がり、弦圧を調整してフレーム合わせを行いました。

これから張弦に入ります。

どんな音色に生まれ変わるか楽しみです!

ではまた〜

 

| スズキピアノサービスセンター | 12:06 | - | - |
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
a
a
モバイル
qrcode
PROFILE