ピアノハウスジャパン・Blog

ピアノハウスジャパンは、神奈川県座間市・大和市に渡ってピアノ修理工場・ショールーム・音楽教室を営む会社です。社員全員がピアノと音楽をこよなく愛するピアノ技術者。このブログはそんな弊社の社員たちによる、ときにはまじめな、ときには気ままな日記です。
<< 本体とフレーム | main | 本日もお知らせ >>
座間工場より修理便り♪

JUGEMテーマ:音楽

 

こんにちは。 お久しぶりのえりつぃんです。

弊社は音楽教室などの業務を自粛しており、最近は昨年から依頼があった

グランドピアノのオーバーホールを中心に細々と作業を行っております。

 

ふだんも世間から隔絶された感のある薄暗いわが社の修理工場。。。

ほぼピアノ倉庫と化してます。(バフ粉とほこりだらけ!)

皆黙々と自分の作業をしています。

 

 

手前はえりつぃん張弦中のヤマハC5。(もう張り終えたよ)

チューニングピンは径7.10mmのニッケルピンです。

オリジナルの状態はヤマハは径6.90mmのを使用していることが多いため、ワンサイズ上げます。

ピアノはどんな環境に置かれていたかで同じ頃の製造であっても経年変化の影響で

あらゆる部分がいろんな状態になっています。 これがやっかい(汗)

7.10mmでもゆるいときは7.15mm以上のもっと太いピンを使う時もあります。

 

またピン板のチューニングピンの穴の状態も一本一本ちがうので、最終的に調律したとき

チューニングハンマーの操作が的確にできて音の保持が良い状態になるよう、

ピンのトルク調整を慎重にしながら弦を張ります。

この判断は感覚です!(トルクの計測器もあるにはあるのですが)

ピンと弦それぞれ230本との格闘が終わると首肩腕腰、各部ガタガタです(わたしも経年変化の影響が。笑)

 

 

次回は鍵盤の重さ調整などをupしようかなと思います。

みなさま健康に気を付けてお過ごしくださいね。

ではまた(^^)

 

 

 

 

 

 

     

| スズキピアノサービスセンター | 13:11 | - | - |
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
a
a
モバイル
qrcode
PROFILE