ピアノハウスジャパン・Blog

ピアノハウスジャパンは、神奈川県座間市・大和市に渡ってピアノ修理工場・ショールーム・音楽教室を営む会社です。社員全員がピアノと音楽をこよなく愛するピアノ技術者。このブログはそんな弊社の社員たちによる、ときにはまじめな、ときには気ままな日記です。
<< 展示ピアノのご紹介♪ | main | 修理中のピアノ >>
コンサートを終えて・・・

こんにちは、アスカですニコ

 

今日は、先日行われたAnton Niculescu(アントン・ニクレスク)さんの

チェロコンサートの様子をお伝えします♪

 

3月8日(水)に座間子どもの家保育園で行われました。

こちらが会場です!!


 

広いですね〜

ピアノの左側にある椅子にアントンさんが座ります。

もちろんピアノの調律は我が社の社長ですき

 

コンサートはJ.S.バッハ-R.シューマンの組曲第3番から始まり、

フランス、ロシア、ルーマニアなどの作曲家の曲を次々と披露してくださいました。

アンコールはイタリアの作曲家、L.ボッケリーニのメヌエットとロンドでした。

私個人としては、C.ドゥミトゥレスクの農民の踊りと

C.サン・サーンスのアレグロ アパッシオナートが良かったなと思いました。

 

曲と曲の間には、ピアノ伴奏の菅野宏一郎さんから曲の説明などもありました。

そこで「音楽で世界旅行をしているようなプログラムですね」と仰っていました。

世界各国の作曲家の曲を聴き、本当に世界中を旅しているかのようでしたkyu

 

 

伸びやかな音、軽快な音、重く響く音・・・チェロの色々な音に出会えました。

弦を押さえる指は、時々速すぎて追い付けませんでした。超絶技巧・・・き

チェロとピアノのハーモニーに聞き惚れてしまいましたハート

素晴らしい演奏と面白いトークで、充実した約1時間30分のコンサートでした!!

 

アンコール前に保育園の方々が綺麗な花束を用意してくださいました花束

バラやユリ、ストック、キンギョソウ、カーネーションなど、

色とりどりでお二人もとても喜んでいました。

しかしアントンさんと菅野さんは、次の日すぐ飛行機に乗らなくてはならず、

お花は持って行けないとのこと・・・

 

・・・その花束は・・・なんと・・・

 

 

 

我が社の音楽教室にやってきました!!

お二人から頂いてしまって・・・ありがとうございましたテゴシマーク

はたけ先輩と私で飾ったので、音楽教室に立ち寄った際は是非ご覧ください。

生花なので早めにどうぞ〜

 

なかなか演奏を聴きに行く機会が取れないので、貴重な一日となりました。

コンサートなどの情報はブログでも紹介していくので、

お時間がありましたら是非足を運んでみてください。

| - | 13:42 | - | - |
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
a
a
モバイル
qrcode
PROFILE