ピアノハウスジャパン・Blog

ピアノハウスジャパンは、神奈川県座間市・大和市に渡ってピアノ修理工場・ショールーム・音楽教室を営む会社です。社員全員がピアノと音楽をこよなく愛するピアノ技術者。このブログはそんな弊社の社員たちによる、ときにはまじめな、ときには気ままな日記です。
<< 6月突入!! | main | SteinwayM オーバーホール修理!! >>
高木東六展開催のお知らせ!!

こんにちはミナですリラックマVer.2

関東も梅雨入りし連日湿度が高く、季節柄のせいか

頭痛・疲れだるさなど体調が思わしくない・・

という方が多いようです汗

みなさんは身体に不調を感じてませんか?

不調が出るのは人間だけでなく、ピアノも同じです!!!

不具合は様々ですが、ピッチ(音の高さ)の変動や鍵盤の動きが悪く

タッチが重い、ハンマーの戻りが悪く連打が効かない・・などなど

主に大きい気候変動により、木部やアクション等に使用されているフェルト

やクロスが膨張することによって生じます。

ピアノにとってもシビアな時期なんですkyu

今週は外の調律が多く作業ネタがないので、催し物・企画展のご紹介

をしますゆう★

没後年高木東六展〜米子市が生んだ作曲家の軌跡〜

期間:2016年6月16日(木)〜9月20日(火)

休館日:7月20日(水)

会場:わらべ館1階(鳥取県西町3丁目202)

入館料:一般500円 高校生以下無料

「水色のワルツ」の作曲家として知られる高木東六さんは、

8月に没後10年になります。

他にも童謡やオペラなど幅広いジャンルの作曲を手掛けて

いました音符

企画展では102歳の長寿を全うした生涯を、自筆楽譜や色紙、

エッセイを発表した楽譜などでも振り返りますゆう★

高木東六さんが愛用したキンボール製のピアノ

東六氏が最期座間市にお住まいだった際に使用していた、

アメリカ製キンボールのアップライトピアノですアップライト

こちらはアメリカの広告会社の宣伝に携わった際に、企業から

頂いたそうです。

このキンボール製のピアノは、座間工場でメンテナンスし現在

企画展に展示されていますゆう★

また、催し物のコンサートでも演奏されますおんぷ

高木東六 なないろコンサート〜愛用ピアノの音色とともに〜

日時:2016年8月27日(土)14:00〜14:50

場所:わらべ館1階 童謡コーナー ※要入館料

曲目:「チップタップロンロン」「水色のワルツ」など

東六氏の代表曲「水色のワルツ」など演奏予定しています♪

ご興味ある方は遠方ですが、是非企画展に足を延ばしてみてください手

わらべ館(公益財団法人鳥取童謡・おもちゃ館)

鳥取県西町3丁目202 tel0857-22-7070

詳しはわらべ館のホームページをご覧ください!!

http://www.warabe.or.jp/about/index.html

ではではDocomo88

| - | 15:55 | - | - |
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
a
a
モバイル
qrcode
PROFILE