ピアノハウスジャパン・Blog

ピアノハウスジャパンは、神奈川県座間市・大和市に渡ってピアノ修理工場・ショールーム・音楽教室を営む会社です。社員全員がピアノと音楽をこよなく愛するピアノ技術者。このブログはそんな弊社の社員たちによる、ときにはまじめな、ときには気ままな日記です。
<< 鍵盤。 | main | 今日のブログ >>
steinway C 修理記録
こんばんは。モリリです。日の出


前回の修理記録では、フレームと本体を切り離す
ところまでお話しいたしました。

その際に、ピアノの部位を測定して修理前ピアノの状態を
把握するためのデータを収集する、というくだりがありました。

そこで、本日のテーマは、「弦圧」。
これも、修理前・後に必ず測定する重要なデータの一つです。ひらめき

「弦圧」とは、その名の通り、弦が「駒」という部位を通して響板
を押えつける圧力のことです。「駒」については次に説明します。


駒ピンとヒッチピン

(写真中、青い部分が駒、赤い部分はヒッチピンと呼ばれる部分です。)

グランドピアノの響板は上に凸の弓なりの形をしており、その上に
「駒」という木片が接着されています。弦を張ったときには、この駒に
打ち込まれた駒ピンという金属棒に弦の一部分を引っ掛けます。

こうすることで、弦がハンマーに打たれて振動を始めたとき、この振動
が駒を通じて響板を振動させる仕組みになっています。弦だけではいくら
強くハンマーでたたいたところで大きな音量は得られませんが、駒を使っ
て響板と結合させることで、コンサートホール全体に響くほど大きな音量
を得ることができます。グッド

駒ピンとヒッチピンとチューニングピン

(写真中、黄色い部分がチューニングピン、青い部分が駒、赤い部分はヒッチピン。)

ここで、響板が上に凸の形をしている、という点が重要です。ひらめき
張られた弦の一端は、ピン板に打ち込まれたチューニングピンに、
もう一端はフレームに植えつけられたヒッチピンという金属棒に
かけられています。フレームは響板の上に乗せられていて、正常な状態
ではヒッチピンは駒よりも低い位置にありますので、弦は駒の部分で響
板を上から下に押えつけた状態となります。響板は上に凸のアーチで
この弦からの力に対抗しています。響板のアーチは、「クラウン」と
呼ばれています。

古いピアノでは、響板が弦の圧力に負けて、クラウンの形状が変形、
あるいは失われてしまうことがあります。このような場合、音の伸び
が失われるなど、音量や音質・音色に深刻な影響が現れてきます。悲しい

今回のリビルド修理では、フレームと響板(駒)との相対的な位置関係
を調整することで、弦圧を回復する作業を行います。これにはいろいろ
な方法が採用されますが、ちょっと長くなってしまいましたので、続き
はまた次回に。楽しい













| steinway C 修理記録 | 18:40 | - | - |
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
a
a
モバイル
qrcode
PROFILE