ピアノハウスジャパン・Blog

ピアノハウスジャパンは、神奈川県座間市・大和市に渡ってピアノ修理工場・ショールーム・音楽教室を営む会社です。社員全員がピアノと音楽をこよなく愛するピアノ技術者。このブログはそんな弊社の社員たちによる、ときにはまじめな、ときには気ままな日記です。
<< ハンマー | main | 都電荒川線! >>
steinway C 修理記録
こんばんは、トモです。


今日はsteinway C 修理記録△任OK


前回説明した、【メモ鉛筆】をした後・・・




弦を外し、各フェルト等を取り、ピンを抜いて
フレームと本体のみの状態にしますニコニコ


まる裸!



響板を塗装するために、
さらにそこから〜




フレームを外しますグッド


このフレームが重いのなんのっ冷や汗


STCの重さは約400kg。
その大部分がフレームの重さです汗

この部分がしっかりしていないと、弦の張力に負けてしまうのですムニョムニョ


ちなみに、弦の張力はぜーんぶ合わせて約20トンです拍手


なのでこーんなにしっかりしたフレームが収まってますグッド



この写真upは塗装後なので、
,農睫世靴拭黒く書かれていたロゴなどが消えているのがわかりますか?

小さくて見えにくいかなモゴモゴ



フレームが外れたピアノは、こんな状態ですdown




こちらも塗装後ラッキー

元々塗ってあった古いニスを綺麗に剥離します。
その後、割れ等があったら直し、新しくニスを塗りなおします^^

ぴっかぴかーラブ


響板は木で出来ているので、気温、湿度の変化で響板が割れることがありますあめ
そのままにしておくと、雑音等不具合の原因になってしまいます撃沈

このSTCは割れが無く、スムーズに塗装できました♪



次回はフレームを元の位置に戻して、
弦を張るところからかな?



それではまた次回ラブ

| steinway C 修理記録 | 18:29 | - | - |
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
a
a
モバイル
qrcode
PROFILE