ピアノハウスジャパン・Blog

ピアノハウスジャパンは、神奈川県座間市・大和市に渡ってピアノ修理工場・ショールーム・音楽教室を営む会社です。社員全員がピアノと音楽をこよなく愛するピアノ技術者。このブログはそんな弊社の社員たちによる、ときにはまじめな、ときには気ままな日記です。
晴れのち雨
JUGEMテーマ:音楽
久々、 日曜日にショールーム担当のモリリです。

午前中はとてもいい天気でしたが、昼過ぎから急に空は真っ暗で雨へ。
蒸し暑い季節になってきましたね。

ピアノハウスの業務用除湿機もフル回転です。
すでになんどかブログでも取り上げていますが、温度・湿度管理はピアノを
長持ちさせるためにとても重要です。

ピアノの大部分は木材です。
木製ピアノパーツとして一番に連想されるのは、たぶん、ピアノの大部分の面積を
占める響鳴板ではないでしょうか。

でも、本日のテーマは、ちょっと地味に、ピン板。ピン板とは、約230本くらいの調
律ピンが打ち込まれている板のことです。調律ピンにはピアノ弦が巻きついていて、
このピンを調律ハンマーで回転させることで弦を張ったり、緩めたりすることができ
ます。調律師はこれによって、音の高さを調節して音律をつくります。



ピン板はフレームの下にあるので、普段は見えません。
グランドピアノでは譜面台の下に調律ピンが並んでいるのがかろうじて見えます。その
位置にピン板があります。
アップライトピアノでは屋根をあけない限り調律ピンさえみえません。

次の写真は昨年修理したSteinway Model Cのものです。金色のフレームの
下がピン板。たくさんの穴に調律ピンが打ち込まれているのがみえます。
(フレームに書かれている数字は弦の直径を表す数字です。)

調律ピンの打ち込み

これらの調律ピンは、調律ハンマーで回転させたとき、ある程度の「トルク」をもっている
必要があります。言葉を変えていうと、調律ハンマーにある程度の力を入れて回さ
ないと調律ピンが回らない状態でなくてはならない、ということです。

調律ピンをまわす力の大きさはもちろん手で測ることもできますが、調律ピンを全交換
するような場合は「トルクレンチ」という特殊な工具を使用して測ります。こうやって数値
によって「トルク」を確認しながら、適切な「トルク」を持つように一本一本ピン穴の状態
を整え、調律ピンをピン板に植え込んでいきます。(次の写真参照。)

トルクレンチ


最初の写真で調律ピンの頭に黄色のテープが張ってあるものがトルクが少し
弱いピンです。このようなピンは、調律ピンを太いものに交換したり、硬い木の
鉋屑をピン穴にいれてピン穴を細くし、トルクを強めます。


古いピアノでは、このピン板が割れてしまっている場合もあります。
激しい温度・湿度変化の元に長年置かれたピアノはそのようになる可能性があります。
割れがピン穴にかかっている場合は、自体は深刻です。調律によって音の高さを安定
させることができないので、そのピアノは事実上、演奏不能となります。このような場合、
ピン板そのものを交換する必要があります。

これからの季節、ピアノ周辺の温度・湿度管理には、十分にご注意を!


| steinway C 修理記録 | 19:32 | - | - |
steinway修理記録
こんにちは。モリリです

本人も忘れるほど久しぶりのsteinway修理記録です。

今回のテーマは「フレーム合せ」

あまり聞き慣れない言葉ですが、響鳴板の上にフレームをバランスよく適切に乗せる、
という意味です


次の写真を見てください

 
響鳴板のダボの説明


響鳴板の縁に沿って、2つ1組の木製のダボ(赤丸の部分)が等間隔にならんでいるのが
分かりますでしょう。
この2つ1組のダボの中心に、フレーム固定用のビスを通す穴があけられています。




このダボの上にフレームの縁が乗っています
フレームは次の写真にみられるような形をしています





響鳴板上のダボを除けば、フレームと接触しているのはピン板と本体支柱から
伸びている数箇所のフレームボルトだけです。

上の写真ではピン板は新聞で隠れています。
フレームボルトは響鳴板に3箇所ほど丸い穴が開いているのが見えると思いますが、
その位置にきます。

 


フレーム合せの目的の一つは・・・

フレームをダボの上にバランスよく、正確に乗せる  ということです。

すべてのダボとフレームが接触しており、力が平均的に分散して乗っている状態が理想的です。

このバランスが崩れていると、
フレーム固定用ビスでフレームを響鳴板の上に止めたとき、
フレームおよび本体にビス締めによるひずみが生じます。
このような状態ではより良い響きは期待できません

フレーム合せのもう一つの目的は、

「弦圧」を回復すること  にあります。

「弦圧」を回復するという目的だけならば、他の方法を採用することもあるのですが
木製ダボの高さを平均して全体的に低くすることによっても、弦圧を回復することができます。

(響鳴板に対するフレーム高さが相対的に低くなりますので、フレームを
基準とした駒の高さが相対的に高くなり、結果として弦圧が大きくなります。
steinway修理記録参照。)

フレーム合せを終えた後、響鳴板にフレームを乗せた上体で響鳴板を叩くと、
響鳴板から生じる木製の音と、フレームから生じる金属質の音が一体となって良く響きます。

フレーム合せに新しい弦、新しいハンマーが加わると、ピアノの音は見違えるように
豊かに蘇るのです









| steinway C 修理記録 | 17:32 | - | - |
steinway C 修理記録〜番外編◆
こんばんは、トモです。

この前のSTC修理記録モリリ編はいかがでしたか?ニコニコ

今日は息抜き?に、番外編です^^

テーマは「ロゴ!」



最近お馴染みのスタインウェイのロゴはコチラdown



見にくくてすみませんー・・・ムニョムニョ

これはSTCのロゴです拍手

スタインウェイは歴史が長いので、ロゴもたくさん!

今まで修理してきたスタインウェイ珍しいロゴたちは・・・


steinway Bモデル


steinway アップライトピアノ


steinway アップライトピアノ


steinway Oモデル





ちなみに、モリリが昨日張弦していたピアノは、
2枚目の写真のピアノです拍手


みなさんはどのロゴがすきですかニコニコ
| steinway C 修理記録 | 17:44 | - | - |
steinway C 修理記録
こんばんは。モリリです。日の出


前回の修理記録では、フレームと本体を切り離す
ところまでお話しいたしました。

その際に、ピアノの部位を測定して修理前ピアノの状態を
把握するためのデータを収集する、というくだりがありました。

そこで、本日のテーマは、「弦圧」。
これも、修理前・後に必ず測定する重要なデータの一つです。ひらめき

「弦圧」とは、その名の通り、弦が「駒」という部位を通して響板
を押えつける圧力のことです。「駒」については次に説明します。


駒ピンとヒッチピン

(写真中、青い部分が駒、赤い部分はヒッチピンと呼ばれる部分です。)

グランドピアノの響板は上に凸の弓なりの形をしており、その上に
「駒」という木片が接着されています。弦を張ったときには、この駒に
打ち込まれた駒ピンという金属棒に弦の一部分を引っ掛けます。

こうすることで、弦がハンマーに打たれて振動を始めたとき、この振動
が駒を通じて響板を振動させる仕組みになっています。弦だけではいくら
強くハンマーでたたいたところで大きな音量は得られませんが、駒を使っ
て響板と結合させることで、コンサートホール全体に響くほど大きな音量
を得ることができます。グッド

駒ピンとヒッチピンとチューニングピン

(写真中、黄色い部分がチューニングピン、青い部分が駒、赤い部分はヒッチピン。)

ここで、響板が上に凸の形をしている、という点が重要です。ひらめき
張られた弦の一端は、ピン板に打ち込まれたチューニングピンに、
もう一端はフレームに植えつけられたヒッチピンという金属棒に
かけられています。フレームは響板の上に乗せられていて、正常な状態
ではヒッチピンは駒よりも低い位置にありますので、弦は駒の部分で響
板を上から下に押えつけた状態となります。響板は上に凸のアーチで
この弦からの力に対抗しています。響板のアーチは、「クラウン」と
呼ばれています。

古いピアノでは、響板が弦の圧力に負けて、クラウンの形状が変形、
あるいは失われてしまうことがあります。このような場合、音の伸び
が失われるなど、音量や音質・音色に深刻な影響が現れてきます。悲しい

今回のリビルド修理では、フレームと響板(駒)との相対的な位置関係
を調整することで、弦圧を回復する作業を行います。これにはいろいろ
な方法が採用されますが、ちょっと長くなってしまいましたので、続き
はまた次回に。楽しい













| steinway C 修理記録 | 18:40 | - | - |
steinway C 修理記録〜番外編 
こんばんは、トモ&モリリです。笑


今回は番外編!ですグッド


番外編では、修理のことではなく、
修理をすると何が変わるか!?  

などを書いていきたいと思います^^



今回のSTCは約50年前に作られたピアノですよつばのクローバー
コンサートホールで半世紀も使用されてきたピアノだけあって、それなりにくたびれてました´`。

工場にやってきたばかりのときは、

弦が錆びていたり、ピン(‥仂譟砲ゆるかったり、響板も汚かったり、、、


など、問題が多数ポロリ


これらは、見た目の問題だけではなく、すべて音に影響する故障ですムニョムニョ


今回の修理は、リビルド(オーバーホール)と呼ばれる修理です。

この修理では、ピアノを部品単位まで一旦解体して、各パーツを必要に応じて清掃、修理、交換し、その上で必要な調整作業や塗装作業を適時施しながら元の状態まで組み上げ、復元修復します。拍手


これには気の遠くなるような長い長いプロセスが・・・悲しい


目標は、演奏者が自分の感性で音を表現でき、意のままに弾けるピアノ。ラブ 

ひとつひとつの修理をゆっくりご紹介していきますので、次回の修理記録もお楽しみにおはな
| steinway C 修理記録 | 17:30 | - | - |
steinway C 修理記録
こんばんは、トモです。


今日はsteinway C 修理記録△任OK


前回説明した、【メモ鉛筆】をした後・・・




弦を外し、各フェルト等を取り、ピンを抜いて
フレームと本体のみの状態にしますニコニコ


まる裸!



響板を塗装するために、
さらにそこから〜




フレームを外しますグッド


このフレームが重いのなんのっ冷や汗


STCの重さは約400kg。
その大部分がフレームの重さです汗

この部分がしっかりしていないと、弦の張力に負けてしまうのですムニョムニョ


ちなみに、弦の張力はぜーんぶ合わせて約20トンです拍手


なのでこーんなにしっかりしたフレームが収まってますグッド



この写真upは塗装後なので、
,農睫世靴拭黒く書かれていたロゴなどが消えているのがわかりますか?

小さくて見えにくいかなモゴモゴ



フレームが外れたピアノは、こんな状態ですdown




こちらも塗装後ラッキー

元々塗ってあった古いニスを綺麗に剥離します。
その後、割れ等があったら直し、新しくニスを塗りなおします^^

ぴっかぴかーラブ


響板は木で出来ているので、気温、湿度の変化で響板が割れることがありますあめ
そのままにしておくと、雑音等不具合の原因になってしまいます撃沈

このSTCは割れが無く、スムーズに塗装できました♪



次回はフレームを元の位置に戻して、
弦を張るところからかな?



それではまた次回ラブ

| steinway C 修理記録 | 18:29 | - | - |
steinway C 修理記録
こんにちは、トモです。


今日からちょっとずつ、スタインウェイCの修理記録を書いていきます拍手

ピアノが弾けるようになるまで、色々な工程があるので
興味のある方は是非読んでみてくださいラッキー


説明が難しくてうまく伝わらない事もあるかもしれませんが・・・


できるだけわかりやすくできるよう、頑張りますイヒヒ




では早速!修理記録スタートです^^






こちらがまだなにもされていない、スタインウェイC(以下、STC)down


本体


・・・長い!
写真撮るのも一苦労でした 笑

まず始めに行ったのは、オリジナル(現状)の確認ですひらめき



【ピンの高さ測定工具



ピンも新しいのを打ち直すので、元々の高さを記録しておきます◎



【弦の太さをメモ鉛筆



小さく、「19」「18」と数字が書いてあるのがわかりますか?
これが弦の太さを表記している数字です。

ちなみに、17の弦の直径は0.975mmです拍手


弦は高音に行くにしたがって細く短く(数字は大きく)なり、
低音に行くにしたがって太く長く(数字は小さく)なります。


【止音フェルトのかけ方をメモ鉛筆




止音フェルト(通称:リボン)は、ダンパーだけでは止めきれない弦の振動を抑えるために、
中低音にまき付けられているフェルトですひらめき

ピアノによって止音フェルトのかけ方、どこまでかけるかが異なるので、
外してしまう前にチェックです^^


【オリジナルのデザインをチェックカメラ



今回はフレーム塗装もしましたひらめき
塗装をすると、黒文字なども全て消えてしまうので、
塗装前に残しておかないと、塗装後、書くのが大変になってしまいます汗

出来るだけ、オリジナルと同じようにしたいですからね!
(オリジナルが綺麗な場合は・・・ねニコニコ




他には・・・

・弦まくらの厚さ、長さ
・アリコートの位置    等


も、記録しておきます^^


詳しい説明は、後日のお楽しみにラッキー


それではまた次回パー
| steinway C 修理記録 | 16:06 | - | - |
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
a
a
モバイル
qrcode
PROFILE